NEWS ニュース

ディレクタス、米国Responsys社とクロスチャネル・キャンペーン マネージメントソフトウェア「Responsys Interact Suite」の販売パートナー契約を締結

January 27, 2012 /
プレスリリース

株式会社ディレクタス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡本泰治、以下ディレクタス)は、米国Responsys社が提供するクロスチャネル・キャンペーン・マネージメントソフトウェア「Responsys Interact Suite」の販売パートナー契約を締結しました。

背景

近年、Eメール、ソーシャル、モバイル、Webサイト、ディスプレイ広告等のクロスチャネルで顧客ごとにコンテンツやタイミングを最適化する「コミュニケーションの最適化」が大きな流れとなっていますが、本格的な実現のためにはオペレーションのオートメーション化が不可欠であり、その実現方法が重要な課題となっています。
ディレクタスはこの課題を解決してより効果的なマーケティングコミュニケーションを可能にするため、クロスチャネル・キャンペーン・マネージメントソフトウェアの世界最大手であるResponsys社と「Responsys Interact Suite」の販売パートナー契約を締結し国内での販売を開始しました。

Responsys Interact Suiteの特長

Responsys社が提供するクロスチャネル・キャンペーン・マネージメントソフトウェア「Responsys Interact Suite」は、全世界で大手企業を中心に600社以上で利用されており、以下の特長を有す世界標準の最先端ツールです。

1)マーケティング・キャンペーンを最適化・自動化するシナリオ設計・実行機能
2)アクセス解析、SFAツールとのシームレスなデータ連携
3)Eメール、ソーシャル、モバイル、Webサイト、ディスプレイ広告を統合するクロスチャネルマーケティング

ディレクタスが提供するサービス

ディレクタスは、Eメールマーケティングを中心にデータベースマーケティング領域において、コミュニケーションシナリオの策定から、その実行支援を行ってきました。今後、Responsys Interact Suiteを活用することで、Eメール、ソーシャル、モバイル、Webサイト、ディスプレイ広告を統合したクロスチャネルにおけるコミュニケーションの最適化及びオートメーション化を推進し、マーケティングROIの向上を支援してまいります。

Responsys社Asia-Pacific, 社長のPaul Cross氏は以下のように述べています。
「日本でダイレクトマーケティングの確固たる実績があるディレクタス社とパートナー契約を締結出来た事を大変嬉しく思います。クロスチャネルにおけるコミュニケーションを最適化する事で、マーケティングROIの最大化、顧客とのエンゲージメントの深化を両社で推進していける事を期待しています。」

株式会社ディレクタス 会社概要

会社名 株式会社ディレクタス
代表者 代表取締役 岡本 泰治
所在地 東京都品川区西五反田2-23-5 ジニアスビル2階
URL http://directus.co.jp/
主な事業 データベースマーケティングのコンサルティング、コミュニケーションシナリオ設計及び実行支援

ディレクタスではメールマガジンでEメールマーケティングに役立つ情報や、セミナーの開催予定などを月一回お届けしています。

メールマガジンのご登録はこちらから