NEWS ニュース

BtoB企業の74.7%が顧客・見込み客にメルマガを配信

September 28, 2011 /
プレスリリース

平成23年9月28日、株式会社ディレクタス(本社:東京都品川区、代表:岡本泰治、以下ディレクタス)は、慶應義塾大学ビジネス・スクールの余田拓郎教授研究室と共同で実施したBtoB企業におけるEメールマーケティングの活用状況に関する調査結果を発表しました。

54.5%がメールマガジンを配信、75%がメールレスポンスを担当営業と連携している

BtoB企業の54.5%が、企業として自社の顧客や見込み客に対し、メールマガジンをすでに配信しており、今後の配信予定と合わせると74.7%となり、BtoBマーケティングにおいてもEメールによるマーケティングの導入が進んでいることがうかがえます。一方、制作・配信ともに内製している企業も多く、体制や予算獲得は課題であることがわかります。また、「効果測定・分析ができていない」「改善・改良ができていない」という回答が多く、Eメールマーケティングは実施はしているものの、PDCAサイクルを回すことは難しいようです。

メールマガジン企画・制作の体制を教えてください。

また、担当営業に対するメールのアクション状況などの情報共有は、75%の企業が何からの形で実施し、うち約10%の企業ではSFAなどの仕組みで営業が把握できており、BtoB企業におけるEメールマーケティングでは、リアル営業との連携が重要視されていることがわかりました。

メールマガジン企画・制作の体制を教えてください。

主な調査内容

  • メールマガジン実施状況(目的/配信対象/配信頻度/リスト収集方法/種類など)
  • 制作・配信オペレーション体制/Eメールマーケティングの年間予算
  • 配信結果分析状況/成果指標/課題など

アンケート資料のダウンロード

アンケート資料を以下のボタンよりダウンロードできます。

アンケート資料のダウンロード

株式会社ディレクタス 会社概要

会社名 株式会社ディレクタス
代表者 代表取締役 岡本 泰治
所在地 東京都品川区西五反田2-23-5 ジニアスビル2階
URL http://directus.co.jp/
主な事業 Eメールマーケティング・インターネットマーケティングに関するコンサルティング及び企画・制作、メール配信オペレーションのアウトソーシング、Adobe® SiteCatalyst®を活用したWebマーケティングソリューション

ディレクタスではメールマガジンでEメールマーケティングに役立つ情報や、セミナーの開催予定などを月一回お届けしています。

メールマガジンのご登録はこちらから