NEWS ニュース

4.3倍の人が写真やイラストよりもタイミングで購入

April 13, 2011 /
プレスリリース

平成23年4月13日、Eメールマーケティングの株式会社ディレクタス(本社:東京都品川区、代表:岡本泰治、以下ディレクタス)は、メールマガジンの購読状況について全国の男女800名を対象にインターネットにて調査を実施し、結果を発表いたしました。この度の調査ではネット通販において読者が購入しやすいメルマガについて着目しています。

ネット通販において購入につながりやすいメールマガジンとは?

「メールマガジンのどのような内容がきっかけで購入や資料請求をしましたか?(複数回答可)」という質問に対し、多かった答えは「好みの商品が掲載(70.4%)」「セール情報が掲載(69.4%)」「欲しいと思っていた丁度よいタイミングだった(61.4%)」と6割超の人が回答しました。一方、「商品の写真やイラストが魅力的だった(14.3%)」「商品の説明文が魅力的だった(10.5%)」となっており、メールマガジンにおいては、商品の写真や説明文の制作に時間を割いて全員に配信するよりも、読者に合わせて、メールの内容とタイミングを変える方が効果は高いようです。

ネット通販において購入につながりやすいメールマガジンとは?

また、iPhoneなどのスマートフォンでメールマガジンを読む人は、パソコンでメールマガジンを読む人よりも1.27倍もメールマガジンをきっかけにネット通販で購入する傾向にあり、また家族や知人に紹介する人もパソコンでメールマガジンを読む人よりも2.3倍多い結果となりました。スマートフォンでのメールマガジンの閲覧は、購入などのアクションにつながりやすく、かつ口コミを期待できることがわかりました。

主な調査内容

  • 受信しているメールマガジンの数、読んでいるメールマガジンの数
  • ネット通販で商品やサービスを購入した際に、メールマガジンできっかけになった内容
  • 適切だと思うメールマガジンの受信頻度
  • スマートフォンでメールマガジンを読む人のネット通販利用傾向
  • ネット通販で商品やサービスを購入するきっかけとなった媒体
  • Twitter、Facebookなどの利用状況

アンケート資料のダウンロード

アンケート資料を以下のボタンよりダウンロードできます。

アンケート資料のダウンロード

株式会社ディレクタス 会社概要

会社名 株式会社ディレクタス
代表者 代表取締役 岡本 泰治
所在地 東京都品川区西五反田2-23-5 ジニアスビル2階
URL http://directus.co.jp/
主な事業 Eメールマーケティング・インターネットマーケティングに関するコンサルティング及び企画・制作、メール配信オペレーションのアウトソーシング、Omniture SiteCatalystを活用したWebマーケティングソリューション

ディレクタスではメールマガジンでEメールマーケティングに役立つ情報や、セミナーの開催予定などを月一回お届けしています。

メールマガジンのご登録はこちらから