【セミナーレポート】 Tealium・Directus 共催セミナー 『顧客データを統合しMAやオンライン広告でリアルタイムに活用「Tealium」活用事例』

September 20, 2016 / レポート

こんにちは。ディレクタスの渡辺です。
今回は9月9日(金)に開催しました弊社とTealium社による共催セミナーについてご報告します。

本セミナーでは、Tealium Japanの関氏、そして弊社岡本が登壇し、Tealiumのサービス概要と利用価値、日本でも増加している導入事例を踏まえた具体的なケースや、Tealiumを導入した際にできるリアルタイム・データマネジメントについて、概念的な説明だけではなく、実際にMAや広告配信に活用する際に何をどのタイミングで実行できるのか、データの流れはどうなるのかを詳しくご紹介しました。

>>セミナー当日の講演資料をご用意しております。資料ダウンロードはこちら

 ---------------------------------

Tealiumにより実現する「リアルタイム」に「パーソナライズ」された顧客体験

第一部はTealium Japan 関 基陽 氏が登壇。グローバル企業650社以上の採用実績を持つ「Tealium」の仕組みや実現出来ること、デモンストレーションによる質の高い顧客体験を紹介した。

増殖するマーケティングツール、デバイスごとに蓄積されるプロファイル情報――。「“顧客情報を活用するツール群”と“顧客の手が触れる接点”の間がカオス化している。そして統合されていない多数の顧客データがオーディエンスデータを断絶している」と関氏は述べ、「データレイヤーこそがTealiumの要」と語った。

顧客に関する情報を保持・蓄積し、それらをアプリに引き渡すための領域「データレイヤー」をTealiumが担うことで、あらゆるタグの一元管理とページアクセス情報を集約、タグを通じて他ツールと連携し、オーディエンスに関するデータを統合、タグ配信やAPIを通じた顧客へのリアルタイムアクションの提供が可能になる。断片化されていた顧客像が一つとなり「リアルタイム × クロスデバイス」によるパーソナライズされた体験を顧客は受けることができるというわけだ。

関氏はこの一連の流れをデモンストレーションでも見せてくれた。お客様として関氏がショッピングサイトに訪問し、その行動をTealiumが補足、バッチによるプロファイルが更新され、「カート放棄バッチ」に連動するメールがすぐに送信されたのだが、そのリアルタイムなアクションに会場でも驚きの声があがった。

Tealiumで「多数の顧客データの統合」と「リアルタイムコミュニケーション」を実現し、顧客へ最適なリアルタイムメッセージを、そしてTealiumを社内連繋のコアとし全ての部門と「価値の共有」を図ってほしいと最後に関氏は語った。

>>Tealiumについてご興味、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

セミナー当日の講演資料(PDF)をご用意しております。
「資料ダウンロード」にご登録いただくと、無料でダウンロードいただけます。

資料ダウンロード
ご登録がお済みでない方は登録フォームが表示されます。
メールマガジンをすでにご登録いただいている方も、
お手数ですが再度ご登録をお願いいたします。

ツールの壁もチャネルの壁も取り払い、本当のリアルタイムコミュニケーションを実現

第二部は弊社・岡本が登壇。統合型マーケティングプラットフォームのイメージと共にTealiumの魅力やデータ連繋の全体像、そしてツール導入における“大切なこと”を述べた。

購買履歴、サイトのアクセスログ、位置情報、広告レスポンス…様々な顧客データをTealiumが一元化することで、「データ統合」「セグメント(バッチ)」「配信先連携」が可能となる。「それだけではなくTealiumの魅力はそのリアルタイム性と実行系との連繋、ユーザビリティである」と岡本は語った。

「例えばデータ連繋について、収集したデータを統合・セグメント作成し施策実行をするまで、短時間で繋ぐことができるソリューションは多くない。Tealiumならデータの追加・更新と共にリアルタイムでバッチを付与・変更し施策実行が可能である」とし、バッチの定義一例や、そのバッチがどのようにリターゲティング広告配信やOne-to-Oneメール自動配信、webパーソナライズに活かされるかを紹介。「Tealiumは収集したデータの統合・セグメント作成・施策実行までをリアルタイムに実施できる。よってチャネル横断のOne-to-Oneカスタマージャーニーを描くことができる」と説明した。

岡本は最後にもう一つ大切なこととし、「ツール導入時に例えばカート放棄メールやクーポン付与などの「鉄板施策」を実装して終わりとするのではなく、顧客戦略に基づく施策や高速PDCAで施策追加・改善をするためにも、カスタマージャーニー分析や既存施策のパフォーマンス分析、改善案検討、新規施策の検討などをツール導入後も定期的に実施すべきである」と強調した。

 ---------------------------------

質疑応答の時間にはたくさんのご質問をいただき、Tealiumへの興味関心の高さが垣間見れました。また、セミナー終了後のアンケートで「具体的な利用方法がイメージできました」「MAとの連繋、活用の考え方について参考になりました」などのコメントをいただきました。ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

※資料のダウンロードにはご登録が必要です。ご登録いただいた方へは弊社メールマガジンをお送りいたします。
弊社メールマガジンをご希望されない方はご登録できません。あらかじめご了承ください。
1度ご登録いただくとディレクタスのCookieを有効にしている場合に限り、2回目以降のご登録は必要ありません。
Cookieを無効にしている場合、もしくはCookieを消去された場合は再度ご登録ください。
ディレクタスのプライバシーポリシーはこちらよりご確認ください。
登録フォームによる記入内容はSSL暗号化通信により保護されております。
メールマガジンの配信停止、ご登録メールアドレスの変更は、お届けするメールマガジンよりお手続きをお願いします。
ご不明な点やご質問等は、お手数ですがお問い合わせよりご連絡ください。

著者プロフィール

渡辺 知子

株式会社ディレクタス マーケティンググループ ディレクター
広告代理店勤務を経て、2005年、ディレクタスに入社。 航空会社や電機メーカー、タイヤメーカーなど大手クライアントのEメールマーケティング企画制作やPDCAサイクル運営サポート、コンテンツ企画、WEBサイト運営などを経て、自社のマーケティングに従事。

ディレクタスでは本コラムやセミナーの開催情報などを掲載したメールマガジンを毎月1回お届けで発行しています。以下のリンクボタンより簡単にご登録いただけますので、インターネットマーケティングの現在について、ご興味をもたれた方は是非ご登録ください。

メールマガジン登録