メールコンテンツ最適化 テストレポート Omniture Test&TargetTMで自社メールマガジンの最適化テストを実施

December 10, 2009 / レポート

Omniture Test&Target のテスト機能、ターゲティング機能を実際に試してみるため、弊社発行の自社メールマガジンでメールコンテンツの最適化テストを実施しました。

自社メールマガジン読者を対象にTwitterの認知・利用状況に関するアンケート調査を企画。回答者の中から抽選で1名様には「うまい棒600本」をプレゼントしました。
(実施期間:2009年9月30日~10月9日)

2パターンのコンテンツで効果の違いをテスト

アンケートを告知するためにコンセプトの違う2種類のコンテンツを作成し、どちらの反応が高いのかをOmniture Test&Targetで検証してみることにしました。
(実際には赤枠部分の画像のみ設定するとOmniture Test&Targetが自動的にランダムに差し替えてくれます。)

さて、結果は・・・?

評価の指標は純粋にメールコンテンツの効果の違いを見るためにメール開封者の回答率とし、参考としてユニーククリック率も比較しました。

結果はBの勝ち。奇をてらった画像やプレゼントで気を引くよりも 正攻法できちんと主旨を説明したアンケートのお願いの方が効果が高いという結果でした。

Omniture Test&Target効果的な活用のためのポイント

  • 明確にコンセプトが違うコンテンツを企画する必要があります。
    コンセプトの違いが不明瞭だと、効果が良くても「なぜ」良かったのかが分かりません。
  • メールの場合は必ずランディングページとメールコンテンツを一致させること。
    メールコンテンツを最適化させることによってクリック率を高めることができても、
    遷移後のコンバージョンが低下しては意味がありません。

※ Omniture Test&Targetは、Omniture SiteCatalyst®を導入していない場合でも、導入可能です。

著者プロフィール

岡本 泰治

株式会社ディレクタス 代表取締役
京都大学卒業後、株式会社リクルートを経て1993年ディレクタスを設立。航空会社や自動車メーカーなど大手企業のEメールマーケティング戦略を立案・実行し、近年ではマーケティングオートメーション(MA)導入支援や、MAと連繋し顧客とリアルタイムな対話を実現するチャットボットサービスをスタート。1to1マーケティングを推進すべく、長年培ってきたノウハウや、常に最新のソリューションを提供する。

ディレクタスでは本コラムやセミナーの開催情報などを掲載したメールマガジンを毎月1回お届けで発行しています。以下のリンクボタンより簡単にご登録いただけますので、インターネットマーケティングの現在について、ご興味をもたれた方は是非ご登録ください。

メールマガジン登録