【EC100社調査レポート】いまメールマーケティングで使われているコンテンツとは?

April 26, 2016 / 調査レポート

2016年3月、ディレクタスでは、ECサイト各社のEメールマーケティング実施状況について、独自に調査を行いました。
前回の スマートフォン対応状況調査 に続き、今回は 総合メールへの掲載コンテンツ・配信数などについて の調査結果をレポートします。

いま、ECサイト各社が、メールマーケティングでどんな取り組みを行っているのか 
にフォーカスを置いた調査となっております。
詳細資料も無料でダウンロードいただけますので、ぜひご参照ください。

※ランキング出典
宏文出版株式会社「月刊ネット販売」2015年10月号掲載
第15回ネット販売白書」EC企業ランキングの上位100社
2015年10月~2016年2月末までの配信メールを元に調査。
参考:通販新聞 関連記事

メール配信企業の39.1% が、メールにクーポンを掲載

01.png総合メールの掲載コンテンツを調査したところ、対象企業 87社のうち 34社(39.1%)がメール内にクーポンを掲載していました。
会員向けオファーとしては、プレゼント(19社/21.8%)・デジタルインセンティブ(8社/9.2%)に比べても、多くの企業で採用されていることがわかりました。

人感のあるコンテンツ利用は17社(19.5%)

02.pngメールやブランドに親しみを感じさせる手法として使われる「人感のあるコンテンツ(メール内に担当者個人が登場するコンテンツ)」を利用していたのは、対象 87社のうち、17社(19.5%)。
この手法を取り入れているメールでは、メール冒頭の「巻頭あいさつ」、メール末尾の「あとがき・編集後記」として、季節や商品に絡めた簡単な担当者コラムを掲載しているケースが多く見られました。

メールの配信ピークは 12:00 / 15:00 / 19:00
深夜 0:00 頃に配信する企業も

03.pngメールの配信時刻を調査したところ、12時台・15時台・19時台の3つの時間帯に配信数が多く集中していました。
早朝のメール配信が少ない一方、夜には深夜0:00 台に定期配信を行っている企業も見られました。

週当たり では 1~2通の配信が最多
多いところでは週20通を超える企業も

04.png週当たりの配信数を調査したところ、週1~2通が31社で最多となりました。
多いところでは週20通を配信している企業も見られました。

 

詳しい内容が掲載された資料(PDF)を
無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード
ご登録がお済みでない方は登録フォームが表示されます。
メールマガジンをすでにご登録いただいている方も、
お手数ですが再度ご登録をお願いいたします。

資料のダウンロードにはご登録が必要です。ご登録いただいた方へは弊社メールマガジンをお送りいたします。
弊社メールマガジンをご希望されない方はご登録できません。あらかじめご了承ください。
1度ご登録いただくとディレクタスのCookieを有効にしている場合に限り、2回目以降のご登録は必要ありません。
Cookieを無効にしている場合、もしくはCookieを消去された場合は再度ご登録ください。
ディレクタスのプライバシーポリシーはこちらよりご確認ください。
登録フォームによる記入内容はSSL暗号化通信により保護されております。
メールマガジンの配信停止、ご登録メールアドレスの変更は、お届けするメールマガジンよりお手続きをお願いします。
ご不明な点やご質問等は、お手数ですがお問い合わせよりご連絡ください。

著者プロフィール

Directus Marketing Group

金倉 英明
株式会社ディレクタス プロデュースグループ ディレクター
イベント制作会社、広告代理店での各種制作業務、グラフィック/WEBディレクターとしてのフリー活動を経て、2012年、ディレクタスに入社。Eメールマーケティング企画制作やPDCAサイクル運営サポートに従事。

リサーチ・資料作成
三瓶 大貴
株式会社ディレクタス プロデュースグループ インターン
成城大学社会イノベーション学部 政策イノベーション学科4年
2015年、ディレクタスにインターンとして入社。

阿久津 希恭
株式会社ディレクタス プロデュースグループ インターン
明治大学国際日本学部 国際日本学科4年
2015年、ディレクタスにインターンとして入社。

大野 真奈
株式会社ディレクタス プロデュースグループ インターン
明治学院大学経済学部 経営学科4年
2015年、ディレクタスにインターンとして入社。

ディレクタスでは本コラムやセミナーの開催情報などを掲載したメールマガジンを毎月1回お届けで発行しています。以下のリンクボタンより簡単にご登録いただけますので、インターネットマーケティングの現在について、ご興味をもたれた方は是非ご登録ください。

メールマガジン登録